--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 11. 10  
いつもご覧いただき感謝申し上げます。
まことに勝手ではありますが、当ブログは次へ移転したことをお知らせいたします。

ameblo.jp/dlt578/

ご連絡が遅れたことをお詫びして、今後とも変わらぬご愛顧をお願いいたしまして感謝の言葉に代えさせていただきます。
スポンサーサイト
2014. 11. 01  
ダニエルがホヌに遭える「穴場」と言った場所。
実際に遭うことができた「穴場」。
それはアリー・ビーチです。

海に戻ったホヌは遠く沖へ泳いで行ってしまうのか、と思ったのですが、時折頭を覗かせ息継ぎをしている様は、こちらの様子を観察しているように見えました。
「また浜辺に戻るつもりなんですよ。誰もいなくなるのを待ってるんだね」

それならホヌの安寧を邪魔するわけにはいきません。

名残り惜しみながらも駐車場へと帰ります。

妻は夢であったホヌに遭えた感動でしょうか、それとも一生に一度あるかないかの『出会い』をしっかり記憶しておこうとしたのか、車の中では寡黙でした。

次に向かったのが「HALE'IWA」の街。

ダニエルからプチ情報が。
「ハレイワ、って発音じゃあないんですよ。『ハレイヴァ』なんですよほんとは」

なんでも二つ目の“W”は“ワ”と発音しないんだとか。
「“ヴァ”です “ヴァ”!」

うんちくを聞きながら到着した先は、お待ちかねガーリックシュリンプで有名な「ジョバンニ」です。

「定番ですね~」とダニエルに冷やかされたあとまたここでもダニエルのうんちく炸裂!
「ジョバンニじゃあないんですよほんとは」
ジオバンニ!って言うんです」

それほど広くないスペースに停めていただき、その「ジオバンニ」のお店を目指します。

ダニエルは、と言うと「僕はね、KUA’AINAのハンバーガー屋へ行ってます。隣にあるスーパーの駐車場に停めておきますから、ゆっくりしてください」

さあてとあまりにも有名なガーリックシュリンプのお店「ジオバンニ」

並びましょう!
ジオバンニ1
2014. 10. 30  
海に戻ろうとするホヌ(ウミガメ)。

驚くことにダニエルはホヌが戻るであろうルートを先回りするかのように、バシャバシャと海の中に入って行きました。
腰まで浸かりながら懸命にベストポジションを探しシャッターを切るダニエル。

honu3




honu5


腰まで浸かりながらもシャッターを押したダニエルを見て「ウミガメに遭えればそれでいいんです」と語った妻の願いをしっかり受け止めてくれていたんだと、理解しました。

このビーチに着くのがあと数分遅ければホヌに遭うことができなかった。
ラニアケアで粘っていたら遭うことはなかった。

そそくさと『本場』ラニアケアを諦め、このビーチに向かうことを決めたダニエルのナイスな機転でホヌに遭うことができたと思ってます。
ありがとうダニエル!

海に戻るホヌを見送りながらふと思い出しました。

niji


朝、アウトリガーの部屋から見たあの虹に「きょうは何かいいことがあるわ」と言ってた妻のつぶやき・・・。
2014. 10. 28  
写真を撮ったあとダニエルは「さあ、出ましょう!」って・・・。

「やっぱ無理と諦めたか・・・」

肩を落とす我々夫婦にウミガメの話しをしないダニエル・・・。

次の目的地「HALE'IWA」へと車を走らせるのかダニエル・・・?

ダニエルが向かった先は広い公園でした。
何をすんだろう?っとダニエルの言葉を待つと・・・

「ここね、穴場なんですよ」
「なんの?」
「ウミガメ」

「絶対にウミガメに遭わせます!」って言ったダニエルの言葉を信じ、ダニエルの後をついて行く。

歩きながら何気なく足元を見ると、きれいに刈られた芝の緑が美しい。

波静かな浜辺に着くとダニエルは数人の観光客(?)が集まっているところを指さしました。

まさか!?

我々はダニエルを足早に追い越して集団のところへ。

ピースサインをして写真を撮っていたので、その物体がウミガメ(ホヌ)だとわかりました。
honu1



慌ててダニエルにカメラを渡し、妙齢のお姉さんのところに割り込む形で写真を撮りました。
honu2

画像でおわかりでしょうが、このときホヌは海に戻ろうとしていたのです。

「あ~帰っちゃう~!」
この一枚で写真が終わりじゃあ悲しすぎる。

そのときダニエルが取った行動は・・・・・!

2014. 10. 27  
その後我々はラニアケア・ビーチから「サンセット・ビーチ」へと移動します。

美しい夕日が拝めるのでしょう。

日没までには時間があり、夕日を拝むスケジュールもありませんから西を背にして記念の一枚をカシャ。

sunsetbeach1

どんより曇ってます。

実はダニエル。ホヌの話しそっちのけでず~っとサーフィンの話しをしてました。

毎年12月に開かれる大会は世界からトップサーファーが集い、それはそれは大変な賑わいを見せるそうです。
その時になってよ~やく気づいたことがありました。

学生の頃やはりサーフィンが好きな友人がいて、そいつの部屋に行くと必ず目にするもの、サーフボードであったりウエットスーツであったりするんですが、汚れた壁を隠すように一枚のポスターが貼ってありました。

反射光できらきらと輝く波。大きな波。そのポスターの下あたりに「North Shore」ってそう言えば書かれてました。

サーフィンと言えばカルフォルニアとだけイメージしてたんで、まさかその「North Shore」がここハワイだったとはね・・・。

ダニエルのサーフィンを熱く語る口調にホヌに遭えるかどうかも忘れ、今度は反対方向を向いてカシャ。
sunsetbeach2

なぜ反対をむいたのか・・・?
そう、青空が見えていたから・・。

この地に来て、記憶の遠く彼方にあった学生時代の友人を思い出す。
サーフィン好きだった友人とも社会人になってからと言うもの、再び会うことはないです。

もはや住所も何もかもわからぬ友人に、この一枚を心から捧げましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。